上野千鶴子さんの運勢

2019年05月28日

恐ろしい小児殺 (方位吉凶判断)

d1ae7580.png

何時もの事乍ら、本日久しぶりの記事の投稿となりましたが、
そんな記事がこんなにも悲しい内容になってしまったのはお許し願いたいです。

今朝、神奈川県の川崎市で刃物を持った男に多くの人が殺傷されました。

※28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸(のぼりと)新町の路上でスクールバスを待っていた小学生らに男が近づき、刃物で次々と刺した。小学生16人と近くにいた成人2人の計18人が襲われ、小学6年生の女児と別の小学生の保護者とみられる30代男性の計2人が死亡。40代女性1人、小学生女児2人の計3人が重傷を負った。(Yahoo記事引用)


私たち占い師はこういう悲惨な事件を見聞きするたびに思うのは、被害者の人達の運勢命式を自然と脳裏に浮かべては様々なことを妄想するのが常なのですが、今回のような沢山の小さなお子さんが死傷されたときに最初に思うのは小児殺という恐ろしい大凶方位です。

最近では「方位吉凶判断なんて迷信!」と、気にもしないご家庭も増えてきていますが、引っ越しの時は家族全員が吉方位になるような方位を使えるように年月の最善のタイミングと方位を求めるのですが、このような時代になってしまったことを悔やむばかりです。

方位には様々な吉凶があり、その中でも10歳未満の小さなお子様には必ず見なければならない方位判断が小児感方といって、別名 小児殺とも言い、その方位を侵したお子様は災禍が打ち続いて最悪は死亡すると言われてる非常に危険な方位があります。

引っ越しの時は、体力に自信のある健康で健全な大人でさえも凶方位を侵せば、大変な苦労をしてしまいますし大人でさえも死に至る方位もあります、ましてや体力のない小さなお子さんであれば尚更に吉方位を求めて、努々 小児殺だけは絶対に避けるようにするべきなのです。

今回の悲惨な事件もすべてが方位の所為にするのも心苦しいのですが、もしかしてその様なことが微塵でも原因である可能性があるとしたら、方位吉凶は迷信!として九星気学が世間から見捨てられてるこの時代を憎み、私たち占い師の力不足を猛省するばかりです。

被害者の方々のご冥福をお祈りいたします。





54097_samplecccc


【癒しの占い 和(なごみ)】のホームページです。

https://nago3.com/



にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
にほんブログ村


四柱推命ランキング


九星気学ランキング




四柱推命メール鑑定をご希望の方は
メールロゴをクリックして別窓で開いた
メールフォームよりお寄せください。

092




48c62aa8.png



uranai_nago3 at 19:44│九星気学 
上野千鶴子さんの運勢