十二運 絶今朝がた見た夢の話

2018年08月12日

東京五輪の為のサマータイム導入って本当?

d1ae7580.png


東京五輪も再来年に開催されますが、多くの問題もあるようです。

その中でも命にかかわる深刻な問題が今年のような猛暑での気温の問題です。

前回の東京五輪は10月10日に開会式があってその後は10月10日を体育の日として

祝祭日となりましたが、今回は七月に開会式ということですので地球温暖化での

猛暑は2年後も改善されるどころかますます深刻になってる心配があります。


そこで政府が考えたのがサマータイムです。

気温があまり上がらないうちに屋外での競技をやってしまおうという作戦だそうですが、

一時間だけ時計を早めるのか、2時間にするのかも定かではありませんが

確かにそうでもしないと選手もですが現地で観戦してる観客も大変なのは確かです。


そこで問題なのは我々四柱推命のを含む全ての東洋占いです。

東洋占いは暦を基本に成り立っています。

暦での時間と支の関係は以下の通りです。


子の刻 23時~ 1時
丑の刻   1時~ 3時 
寅の刻   3時~ 5時 
卯の刻   5時~ 7時
辰の刻   7時~ 9時 
巳の刻   9時~11時
午の刻 11時~13時
未の刻 13時~15時 
申の刻 15時~17時
酉の刻 17時~19時
戌の刻 19時~21時 
亥の刻 21時~23時

例えば、11時~13時の間に生まれた人は時間の柱には午という支が入ってきます。

ではサマータイムが実施されるとしたらサマータイムでの時刻での支を用いるのか

それとも、元の支を用いるのかの議論もあって然るべきでしょうが、

私は間違いなく元の表記を用いることを主張するでしょう。

何故なら、サマータイムは行政や五輪という特殊な事情によって設けられる

制度ですので、天から支配されてる十二支の動きには何ら関係がないからです。


とは言っても混乱は確かにあるでしょう。

特に一時間だけ時計を早めるのでしたら一刻は2時間ありますので、

何時何分に生まれたかを正確に知る必要があって、

それによって生まれ時刻を判断する必要があるからです。

二時間時計を早めるでしたら簡単です。

サマータイムの11時から13時の間に生まれた人は本来の時刻では13時から15時の

未の刻とすればいいだけです。


特に困るのは23時を境に暦の上では翌日に日の干支が移行しますので、

サマータイムを実施するのであれば二時間(一刻)の繰り上げをお願いしたいものです。


東洋占いの先生方は皆さん、戦々恐々とされてると思いますが

東京五輪を成功させるためにも良いとされることには従いたいと思います。

54097_samplecccc


【癒しの占い 和(なごみ)】のホームページです。

https://uranai753.web.fc2.com/





にほんブログ村 その他趣味ブログ 鑑定へ
にほんブログ村


四柱推命ランキング


九星気学ランキング




四柱推命メール鑑定をご希望の方は
メールロゴをクリックして別窓で開いた
メールフォームよりお寄せください。

092




48c62aa8.png


uranai_nago3 at 14:02│Comments(0)徒然に 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
十二運 絶今朝がた見た夢の話